子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会)

TOP > 南信州セカンドスクール事業の概要 > 効果

南信州セカンドスクール事業の概要

関係者からの声

事業効果

1.教育的効果

「子どもたちの表情が以前に比べ明るくなった」「あいさつが当たり前のようにできるようになった」「友だちと協力して活動できるようになった」などの感想が保護者や学校関係者から寄せられており、教育的な効果が表れている。

2.交流の継続

参加した子どもと農家のお便り交換など、交流の継続と拡大が見られる。など

児童たちの声

・食べ物の大切さを知り、嫌いなものが食べられるようになった。

・最後まで頑張ることや友達と協力することの大切さを学んだ。

・人の温かさや家族・仲間の大切さがわかった。

保護者の声

・帰ってきた時の笑顔と、子どもの自信をもった行動に感動した。

・些細なことですぐに泣いていた子どもが、少々のことではくじけず頑張るようになった。

・朝のあいさつをしっかりするようになったり、自分の役割認識がもてるようになったり、親に「手伝おうか」と声をかけるようになったりした。

先生の声

・自然や農家の方々とのふれあいや農作業を通して、食への感謝の気持ちが高まった。

・友だちとの関係が深まった。

・帰ってきて、子どもたちの「ありがとうございます」「さようなら」の言葉に心がこもっていたことを実感し、感動した。

«「南信州セカンドスクール事業の概要 インデックス」に戻る

▲このページの一番上へ

Copyright(c)since2009. 子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会). All rights reserved.

文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小