子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会)

TOP > 南信州セカンドスクール事業の概要 > 安全対策について

南信州セカンドスクール事業の概要

安全対策について

(1)緊急対策本部

現場対応者(第1発見者)が緊急対策本部に第一報(連絡)をし、その後緊急 対策本部が関係機関等へ連絡します。

(2)一次対応・二次対応

第1次対応事故が発生した際、現場対応者は直ちに状況を把握し119番通報(緊急を 要する場合)及び緊急対策本部に連絡を行い、事故の状況、怪我・病気等の症状、搬送 先病院名等をお伝えします。

安全対策について

クリックで拡大できます

※緊急時の事前対策と緊急対策本部の受入当日の体制①民泊受入農家宅へは、南信州観光公社の電話番号及び携帯電話番号、学校本部宿舎電話番号を書面にて通知しておきます。
②農家民泊受入時は、南信州観光公社に当番職員が夜中0時迄は待機し、緊急時対応に備えます。また、携帯電話は24時間待ち受け状態にしておきます。
③その他状況に応じて臨機応変に対応します。

«「南信州セカンドスクール事業の概要 インデックス」に戻る

▲このページの一番上へ

Copyright(c)since2009. 子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会). All rights reserved.

文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小