子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会)

TOP > 子ども農山漁村交流プロジェクトとは?

子ども農山漁村交流プロジェクトとは?

子ども農山漁村交流プロジェクトとは?

農林水産省、文部科学省、総務省が連携して、小学校において農山漁村での1週間程度の長期宿泊体験活動を推進するものです。(愛称:ふるさと子ども夢学校
子どもたちの学ぶ意欲や自立心、思いやりの心、規範意識などを育み、力強い成長を支える力強い子どもの成長を支える教育活動として進められています。

 

プロジェクトのポイント

○約1週間の長期宿泊体験活動

○農林漁家での宿泊により農山漁村の生活を体験

○農林漁業体験を通して食の大切さを学ぶ

我が家を離れ自然豊かな農山漁村に宿泊し、普段の生活とは異なる環境や人間関係の中に身を置き、様々な実体験を行うことは、子どもたちの新たな一面を引き出し、成長を促す効果があります。

▲このページの一番上へ

子ども農山漁村交流
プロジェクトとは?

南信州広域連合ウェブサイト

南信州観光公社

Copyright(c)since2009. 子ども農山漁村交流プロジェクト事業(ふるさと子ども夢学校)南信州セカンドスクール協会(旧:研究会). All rights reserved.

文字サイズ大 文字サイズ中 文字サイズ小